今週のメッセージ 2020.10.25(日):【一本の化粧水】長い間引きこもっておられる娘さんは、時折お母さ…

お役立ち情報

今週のあなたへのメッセージ 2020.10.25(日)

【一本の化粧水】

長い間引きこもっておられる娘さんは、時折お母さんに買い物をたのみます。

その日は、雑誌で見つけた化粧水を依頼しました。

お母さんは、自分の町の化粧品屋さんをくまなく探しました。

でも、なかなか見つかりません。

何時間も探しているうちに、たった一本の化粧水のために町を彷徨っている自分が虚しく思えてきました。

「何で、こんなことに、時間を費やさなくてはならないの・・・」。虚しさは、怒りに変わってきました。

しかし、そんなお母さんの心に、ハッとある思いが浮かんできました。

「もし、これが化粧水でなくて、重病を抱える瀕死の娘を癒すたった一本の薬だとしたらどうだろう。私は、必死になってこの町どころか、日本中、世界中をまわって探しに行かないだろうか」。


思い直したお母さんは、隣の町まで行って、ようやくその化粧水を見つけました。

持ち帰って遅くなった訳を話すと、娘さんは「お母さん、隣の町まで行ってくれたの」と言って、

自分の部屋に戻り、今まで買い込んで使っていなかった化粧品を、みんなお母さんに「ありがとう」と言ってあげたそうです。

二人の間には、何とも言えないあたたかい雰囲気が漂っていました。

そのたった一本の化粧水は、まさに心を癒す薬だったのです。

一元FAX 金藤晃一 コラムより

あなたへのメッセージ一覧

過去のあなたへのメッセージがご覧いただけます。

 

トップ