セミナー情報 受講生の声

受講生の声

各種セミナー受講生の生の声を集めてみました。
特定のセミナーをご覧になりたい方は、種類とコース、またはいずれかを指定して下さい。

対象件数 1件

1~1件表示中

  • 1
  • 道場での3年間の学びは、私にいろいろの変化をもたらしました。何よりもいい子でいようと、自分らしさをどこかに置いてきてしまった、その自分らしさが戻ってきたことです。今までは言えなかった、「私はこう思っているんだよ」ということが言えるようになったのです。 1年目、ほめたはずが、長男からは「ほめ殺しだ」と言われてしまいました。2年目。少しはほめたと認められるようになり、3年目には、我が家の2人の子は、男の子にしてはめずらしく、いろいろと話してくれるようになりました。 昨年の田中先生の講演会は、長男と一緒に聞きました。長男はカトリックの大学で神学を勉強しているのですが、「先生のメッセージは、自分たちが難しい言葉で習っている神学と同じで、それを易しい言葉で、笑いを取りながら話していたことに驚いた」と言いました。その感想に、私の方がもっと驚いてしまいました。 主人は12年前に難病のベーチェット病になり、右目は失明しました。昨年からは別の症状が出て、膀胱ガンの疑いありということでした。私は騒がず、おろおろせず、ただ祈って待つことにしました。検査の日は、「どのような結果が出ても、あなたは私の大切な人です」と伝えました。検査の結果腫瘍が見つかり、詳しい検査のため入院することになっています。 主人は手術も、抗ガン剤治療もしないと言いました。私は、そのことに震えながらも「しないのね」とエコーで返しました。このことを通して、神さまが私たちの間に入ってきてくださり、もっと強く絆を結んでくださったと思います。これも3年間の学びが試されている経験です。 道場に入る前の私は、「暗い」と不平ばかり言っていました。でも、今は進んで明かりをつける私がいます。主人とはどのくらい一緒にいられるのか、長いのか短いのかも分かりません。でも、生きている限り、そのような心の灯火をともし続けていきたいと思っています。[石原正子様]
    定期・集中セミナー人間関係に役立つカウンセリング[ベーシック]

1~1件表示中

  • 1

トップ